正規品からジェネリックへ

しばらくは正規品のプロペシアとミノキシジルを購入していましたが、商品のラインナップを見ていてやはり気になっていたのがジェネリック薬品です。

 

ミノキシジルは元が安いのでさほど関心が無いのですが、プロペシアは1ヶ月数千円から1万円前後かかるので、できればジェネリック薬品にしてみたいと思っていました。
色々と当時の口コミなどを見ていると、やはりジェネリックの評判は良くありませんでした。
「効かない」「保証が無く危険」などという意見の方が多かったように思います。
いまもその評価はそれほど変わっていないように思いますが・・・。

 

プロペシアのジェネリックとしては、プロスカー、フィンペシアなどがありましたが、安いのでフィンペシアを購入してみることにしました。
100錠が2,000円程度でしたのでかなり安上がりになります。
これで行けるのならそれに越したことはないなという気持ちでした。

 

結果は・・・「効いてるのか効いてないのかイマイチわかりません」
これに替えてから髪が減ったということも増えたということもなく現状維持。
プロペシア自体ががもともと効いてないんじゃないのか、とも思いましたね。
というのも、ミノキシジルはかなりはっきりと効果が体感できるんですがプロペシアは効果がわかりにくいものなのです。
だからもしかしたら飲んでも飲まなくても変わらないのかもしれません。
元も子もないですが・・・。

 

ネットの口コミなどを見ても効かないという意見は多いですね。