半年後に効果減

髪の毛は順調に回復し、「もうこのまま一生薄毛ではなくなるのではないか」、「自分は薄毛ではない」というような錯覚すら芽生えてくるくらいになっていました。

 

しかし半年ほど経過するとだんだん、髪の毛のコシがなくなり、やわらかくなる感じに戻ってきました。
いわゆる猫っ毛の状態に戻り始めたのです。

 

これが多くの薬に存在する「耐性」というものでした。
体が慣れてくると、今までと同じ量では効果が薄まってくるのです。

 

最初に病を訪れてから以降、毎月通っていましたので次の通院の時に先生に相談してみました。
そうした所、薬の成分量を増やして服用しようということになり、プロペシアは1mgのままで、ミノキシジルを2mgにしてみました。
しかし、効果はほとんど感じられず、状態は変わりませんでした。
すぐに「では3mgに」ということで3mgに成分量をアップ。

 

効果は微妙でしたが、あまり増やすのも怖いのでこれで続けることにしました。
とはいえまだ髪は良い状態が続いており、薄毛とはわからないくらいのままでしたが・・・。

 

=>次へ お金が続かなくなる